Studio photo

印象を与える写真

就活には写真は絶対に必要なものです。

日本の大学では大学3年の終わりごろになると就活が本格的にはじまります。まずは企業側の会社説明会が開催されますからいろいろと出席をしてみて自分の興味のある会社を決めていくことになります。そののちその会社のホームページからエントリーシートをダウンロードをします。それが行ってみたら履歴書ということになります。エントリーシートは各会社によってフォームが違います。 まずは自分の名前をかき写真を貼ることからはじめますが、写真も街なかにあるスピード写真はNGです。きちんと写真屋さんで撮ったものをしようすることになっています。あとは各企業ごとのエントリーシートにしたがって自己PRを書いていくことになります。 就活ではエントリーシートを30以上書いて企業におくるのが一般的なようです。

就活の写真をよく見せる工夫について

就活のエントリーシートに貼る写真は、第一印象をきめていくものですから、少しでも写りがいいほうがいいに決まっています。そのためできれば前にも利用したことのある写真屋さんで撮ることをお勧めします。初めてですと緊張してしまって表情が固くなってしまうことがあるからです。さらに仕上げのやり方ですがスピード仕上げよりも数日かかったとしても加工するほうを選ぶといいでしょう。写真屋さんのテクニックでスピード仕上げよりも表情がよう修正してくれます。陰影もちょうどいい具合に補正をかけてくれるので、スピード仕上げよりもできばえがいいのです。就活というここぞというときには、写真屋さんから選ぶといいです。もちろんその前には美容院で髪を整えたほうがいいのです。

↑ PAGE TOP